不安や執着が大発生…彼はメンヘラ製造機?彼が踏んだ心の地雷

不安や執着を大発生させるメンヘラ製造機に心の地雷を踏まれないために

不安や執着を大発生させるメンヘラ製造機に心の地雷を踏まれないために

“我々は恋をすると、現在はっきりと信じているものまでも疑うようになるということがしばしばあるものである”
フランスの貴族であり文学者でもあるフランソワ・ド・ラ・ロシュフコーはこのような言葉を残しています。
恋をすると多くの人が相手に対して、疑い深くなったり、不安に思ったり、離したくないという感情を抱くものですよね。
ただそれが過度になり、普段であれば正常な判断ができ、日常生活をそつなくこなすことができるのに、彼氏ができると“メンヘラさん”になってしまう、そんな相談も多くあります。
この記事では、素敵な女性をメンヘラさんにしてしまう“メンヘラ製造機”と“心の地雷”についてを一緒に考えてみましょう。

不安や執着を大発生させるメンヘラ製造機

付き合う女性をメンヘラにしてしまう“メンヘラ製造機”っていったいどんな男性なのでしょうか。
メンヘラ製造機というヤバそうな名前が示す通り、いかにもヤバい雰囲気を持つ男性であれば、あなたは付き合い始めたりしませんよね。
メンヘラ製造機である彼らは、そういったヤバい雰囲気なんて一切持ち合わせていないのが特徴です。
どちらかというと「あっ、素敵だな」「あの人いいな♡」と思うような雰囲気を持っています。

揺れ幅が大きいと人は不安になる

人は感情の揺れ幅が大きいと精神的に不安定な状態になります。
嬉しくて喜んでハッピーな状態を作り出した後に、ドスンと突き落とす。
これによってメンヘラさんのできあがりです。

メンヘラ製造機は最初はとても優しくマメで紳士的。あなたのことを一番に考えているかのように振舞い大切にしてくれていると実感させます。そして、やたらと褒めてもくれます。
そうされたら誰だってハッピーな気持ちになりますよね。良い彼氏ですよね。
だから当然、素敵な彼ができた♡と喜んで、彼からのマメな連絡にこちらもマメに返信したり、彼中心の生活になります。

そして、彼女がそのペースになれたころ、突然ペースを乱します。
これまで定期的に送ってきていたLINEが届かなくなったり、いっさい音信不通になったり。
LINEをしても未読スルー、既読スルー。電話しても出ない。その状態が何日も続く。
彼の身に何かあったんじゃないかって心配になりますよね。ただ、彼の身には何も起こっていないケースがほとんどなんですよね…。
でも、あれだけ優しく紳士的な彼が、何事もないのにLINEを無視したり電話に出ないなんておかしい、と心配が募り、何度もLINEを送ったり電話をしたり、と彼のことで頭がいっぱいの執着した状態ができあがります。
こうして、幸せの絶頂から不安や心配でいっぱいの気持ちに大きく揺さぶられることによって、あなたの心は不安定になってしまうのです。

メンヘラ製造機に悪意はあるの?

彼女をメンヘラにしようという意図や彼女を苦しめてやろうという悪意はないケースがほとんどです。
自然とそういう言動をしてしまう彼ら自身もまた、何かしらの苦しみを感じている場合があります。

親密になると離れたくなる回避依存

メンヘラ製造機の中には回避依存傾向のあると考えられる人もいます。
回避依存症者の3つの特徴を見てみましょう。

  • 対人関係以外の活動に熱中して、対人関係における激しい感情を避ける
  • 相手に追い詰められ、支配されることから自分を守るために、相手に自分のことを知られないようにする
  • さまざまな手法を用いて相手との親密な接触を避ける

これらの特徴は「親密になることへの恐れ」から生じています。幼少期に親からの過度な干渉などを受け自分が消耗させられ追い詰められ支配されたという感覚が彼らにはあり、親密になればなるほど嫌な思いをするのだという根深い確信を持ってしまっているのです。

相手に対して優しく寄り添うことは得意で、相手から敬い慕われることに喜びを感じるのですが、相手との距離を近く感じると追い詰められ支配されるような感覚を持ってしまい、その関係を断ち切ってしまう。
もしかしたら彼はそんな課題を抱えているのかもしれません。

不安や執着が大発生する心の地雷

一方で、あなた自身の心の中にいくつかの地雷が眠っているからこそ、彼のそうした言動に振り回されてしまうということも考えられます。
そんな勝手な行動をする人に関して、心配したり執着したりせずに、「なんだコイツ」と切り捨てることができる人もいます。
幼少期に親から適切な愛情や関心や評価を与えられていると、その頃の記憶と同じように、安心感や温かさ、健全な自尊心を保証しあえる相手にくつろぎを感じるものです。メンヘラ製造機のような言動をする相手には、嫌悪感を抱き自ら離れることができます。
一方で、幼少期の親との関係が、支配的であったり批判されたり厳しかったり、または親があなたに頼りきっていたりと不適切な親子関係であった場合、そういった慣れ親しんだ関係を「好ましい」と思ってしまうのです。子どもの頃に身に着けた不健全な関係のパターンを踏襲できる相手に気楽ささえ感じてしまいます。

優しく近づいてきては突然存在を消すようなメンヘラ製造機によって、いわゆる“メンヘラ”になってしまうのは、解決すべき心の課題をあなたが持っているからかもしれません。
もちろん、そうした課題を持っていることが悪いことではありません。あなたがダメだからとか悪いから解決すべき心の課題が生じたのではないのです。心の中に苦しさを持ちながら、あなたはずっと頑張ってきました。
彼によってそれに気づくことができたのであれば、今後もっと素敵な男性と安定した穏やかな恋ができるように、自分の心の地雷を適切に処理しておく良い機会を得たと思って欲しいです。

彼との距離をとって、自分の問題に対処する

不安や執着に悩まされてしまっていたら、まずは彼との距離感を確認しましょう。
LINEの回数が極端に多かったり、常に相手が何をしているのか気になっていたり、LINEや電話に反応しない彼に対してしつこく連絡をしたり、逆に彼からしつこく連絡をされたり、そういったことはありませんか。
そうなったら、一旦冷静になって、自分と彼との境界線を意識してみましょう。
自分を大切に思い自分自身を尊重することができるようになると、メンヘラ製造機が近づいてきてもメンヘラにはならないし、もっと素敵な相手との穏やかな生活が必ず手に入ります。

不安や執着を大発生させるメンヘラ製造機に心の地雷を踏まれないために

恋をすると、相手のことで頭がいっぱいになったり、不安になったり執着したりというのは誰にでもあることです。
ただ、それで辛く苦しくなるようであれば、一人で抱え込まずに誰かに信頼できる友人や第三者に相談して客観的な意見を聞くことが大切です。
不安や執着に取りつかれてメンヘラさんになる前に、普段の素敵なあなたを取り戻してくださいね。

あなたの悩みをお送りください

こんにちは、精神保健福祉士の杉山です。
あなたが今悩んでいること、モヤモヤした想いなど、頭の中から一度外に出してみませんか。
あなたからのご相談をお待ちしています。

初回は無料blooming room のメール相談