モラハラかもしれない恋人からの言葉の暴力

これってモラハラ?恋人を傷つける言葉

付き合い始めは優しく理想的だった恋人とのコミュニケーションの中で、最近違和感や不快感、怖さを感じるということはありませんか。
たまたま機嫌が悪かったのかな、仕事でストレスが溜まってるのかな、と恋人の言動に自分が我慢することが多くなっていたら要注意です。
この記事では、恋人との関係を良好に保つために、または今の恋人と付き合い続けるか冷静に判断するために、どの点に注意する必要があるのかをお伝えします。

これってモラハラ?恋人を傷つける言葉

モラハラってなに?

モラハラ(モラルハラスメント)とは、モラル(倫理や道徳)による嫌がらせ、精神的暴力です。

家庭内ではDV、職場ではパワハラとして問題になっています。
モラハラという言葉を提唱したフランスの精神科医マリー=フランス・イルゴイエンヌは次のように述べています。

社会は精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるもので犯罪である。

wiikipedia

肉体的な暴力を受けると外傷ができ周囲も自分自身も「これはやばいかも」と気付くことに繋がりやすいです。
一方で、精神的な暴力はそれ受けても、心に深く残った傷は外からは見えず、周囲の人はもちろんのこと、自分自身もその傷に気づかずに、精神的な暴力を受け続けてしまいがちです。
その結果、心の傷が深刻となり、精神面での様々な症状が出てくることになります。

話し合えば分かるかもしれないと違和感のあるコミュニケーションを続けているうちに、心がどんどん蝕まれ、本来あなたが持っていた素敵な部分は削り取られてしまいます。

何かにつけてあなたが間違っているかのように指摘され、自分がおかしいのかなと感じてしまうことが続くようなら、モラハラを受けているのではないかとちょっと立ち止まって考えてみましょう。

モラハラと言われる具体的な言動

家庭内で配偶者から、職場内の上司・同僚・部下から、とモラハラは社会のあらゆる場所で発生しています。もちろん恋人や友人、親子、兄弟といった関係の間にもモラハラは発生します。

モラハラの具体的な言動には次のようなものがあります。

  • 自分の考えが偏ったものであるにも関わらず、それが社会の常識として相手を責める
    「お前には常識がない」「その歳になってそんなことも分からないのか」など
  • 自分の言っていることが相手を傷つけていることに気づかない
    「お前のためを思って言っているんだ」「教えてあげているんだ」
  • 話がかみ合わない
    こちらが尋ねたことに対することに答えず違う話になっている
  • 言っていることが矛盾している
    以前には「いちいち聞くな」と言っていたのでその通りにしていると「なぜ確認しないのか」と怒る、など
  • お金への執着が強い
    「俺が働いた金だ」「お前は稼いでもないくせに」「俺がこの部者の売上を作ってるんだ」など
  • 被害妄想や疑心暗鬼
    「俺が働いている間に他の男と遊んでるんだろ」「他に男ができたんだろ」

言われている方は「?」と思うようなことを、もっともらしく並び立てるため、分からない自分が悪いのかと思うようになってしまいます。
モラハラをしている人が言っていることは、第三者が客観的に聞くと、「何言ってんの?それおかしいよ」とすぐ分かることであっても、当事者はそう思えない(または思っても言えない、言ったら余計に面倒なことになる)ことが、モラハラが常態化し被害が深刻になるもとになります。

モラハラ被害者に生じる症状

恋人とのコミュニケーションのズレによるストレスは思っているよりも大きなものです。
大切な人に大切に扱ってもらえる、お互いの話を理解し合える、それが健全な関係です。

相手を傷つけてもなんとも思わない人と日常的に接し続けていると、心の傷が段々大きく深くなっていきます。その結果、次のような様々な症状が 心身に 出て、その状態が常態化してしまいます。

  • 眠れない、食欲がない
  • 体重の減少
  • 表情の消失
  • 自信や意思がなくなる
  • やる気や意欲が出ない

いわゆる「うつ状態」となり、そんな状態であることでまた相手からの攻撃を受け、ますます症状が悪化するという悪循環に陥りがちです。

モラハラ被害者は優しくて頭の良い人に多い

モラハラの被害者になる人は、優しく頭も良い人が多いです。
そのため、相手の言っていることがおかしいと思っても、何とか相手を理解しようと頑張ってみたり、自分の態度を改めれば変わるかもしれないと思ってしまいます。
それでも、「あれ?何で私が責められないといけないの?」と疑問に思うことが数回続くようであれば、その出来事や言葉はメモに残しておくようにしましょう。
そして、何人かの友達や家族にどう思うか客観的な意見を聞いてみてください。
自分でメモを見返して見るだけでも何かに気づくかもしれません。
できるのであれば、少し相手と距離をとることも必要です。

恋人からのモラハラで悩んだら…

今の辛い状況やこれってモラハラじゃないのかなという思いがあれば、ぜひご相談ください。
一人で悩む必要はありません。一緒にどうしたら良いかを考えましょう。

あなたはただ相手のターゲットになってしまっただけで、あなたには何の否もないのですから。
もっとあなたのことを大切に扱ってくれる人に、あなたの優しさや貴重な時間を費やす方があなた自身も幸せなはず。
離れたいけれどどうしても離れられない事情がある場合は、地域の女性相談や弁護士相談など専門家に相談してみましょう。

あなたの悩みをお送りください

こんにちは、精神保健福祉士の杉山です。
あなたが今悩んでいること、モヤモヤした想いなど、頭の中から一度外に出してみませんか。
低価格で利用できるメール相談でお待ちしています。