“私が、私は”星人とオープンマインド

2019年11月21日

こんにちは、精神保健福祉士の杉山です☺本日は、オープンマインドについて考えてみたいと思います。オープンマインド(心を開く)はコミュニケーションを円滑にしてくれるとともに、本当に仲良くしたい相手との繋がりを深めてくれます。使い方さえ間違えなければ…。

なんでもかんでも「私」の話に持っていく

まずは、間違ったオープンマインドを見てみましょう。

「私はね、・・・」
「俺がさ、・・・」
「うちの子が、・・・」
話の途中で、こんな風に割って入ってくる人いませんか。

こうした人のことを「私が、私は」星人と私は呼んでいます。
なんでもかんでも自分の話に持っていき、そこから話が広がるならまだしも、こういう場合たいてい、聞いた方は「あっ、そうなんだ」としか言いようがなかったりします。

自分の話したいことを話したい!そういう思いが背景にあるのだろうと思いますが、こればかりをやっていると人は離れていきます。
サーっとひいた場の雰囲気を感じ取って、「○○さんは、どう??」なんてさりげなく別の人に話を振ってみたりしてくれる、気遣いのデキる救世主が現れてくれてもお構いなく、また「私はね、」と話し出したり、自分の話から話題が別に移ってしまったことでムスッとしたりと、とにかくこの星人はたちが悪いです。

プライベートの場でこういう人が現れると私は「あっ、星人登場」と心の中で思い、頭の中にこんなイラストが浮かびます。あなたはこの星人どう思いますか??

打ちっぱなしよりキャッチボール

オープンマインド(心を開く)が良いって言うなら、自分のことを積極的に話す「私が、私は」星人はお手本なんじゃないの??
そうですよね、たしかに星人は自分のことを積極的にしゃべってますよね。
だけど相手のことを不快にさせてしまうんですよね。

人との会話やコミュニケーションはよくキャッチボールに例えられます。
ボールが相手との間を行ったり来たりして盛り上がったり、楽しいと感じるんですよね。
自分が放ったボールを相手が受け止めてくれる、そして相手が放ったボールをしっかりと受け止める。
自分が放った話を相手が受け止めてくれる、そして相手の放った話をしっかりと受け止める。これが自然に続くとき、この人と話していると心地よいなと感じます。

「私が、私は」星人が楽しんでいるのは、キャッチボールではなく、打ちっぱなし。
目の前にあるボールをポーンと放って楽しんでいます。
目の前にある話題に自分のことをのせてポーンと打ってしまう、その後はボールを拾いに行くこともなく、また目の前に出てきた話題に自分のことをのせてポーン。
自分のことを積極的に話していても、そこに相手がいないから、誰かと仲が深まることはなく、相手を不快にさえさせてしまいます。

上手なオープンマインド

上手なオープンマインドの基本は、キャッチボールの中で、自分の順番の時に自分のことを話すこと。
最初から全力で話すのはNGです!これもキャッチボールと一緒。まずは肩慣らしで、軽い話題の行ったり来たりを楽しみましょう。
そして、相手との関係の中で、この人に話したいという気持ちが生じたら遠慮せず、「私はこうなんだ」と自分のことを話してみましょう。そして「どう思う?」「あなたはどう??」「これについて知ってることがあれば教えて」と相手の返球をもとめましょう。

自己開示が苦手な人もいますよね。壁を作ってしまいがちな人、私はそういう人好きです。
だけど、この人ならという人がいたら、ぜひ少しずつでも、自分の心の窓を開けてみてください。
自分のことを開示することで、相手からそれに関する情報や自分とは別の考え方などが得られます。それは、壁を作って黙っていたり、キャッチボールをせずに打ちっぱなしをしていては決して得られない、とても貴重なもの。

自分のことを相手に知ってもらい、そこから自分の知らなかったものを得られる。
オープンマインドは、「仕事に行きたくない毎日」を「自然と笑顔になる毎日」にすることにも繋がります。
まずは、ブルーミングルームのストレスケアセラピーに自分のことを話しにいらっしゃいませんか。ブルーミングルームは自分のことを話す場なので、「私が、私は」星人でOKです。むしろたくさん話してください、あなたのことを☺

ブルーミングルームのストレスケアセラピー