ストレスからくる諸症状、あなたはどこから?

風邪の引き始め、あなたはどんな症状がでますか?

喉の痛み、私の風邪はたいてい毎年そこから始まります。

喉の痛みを感じると、私はマスクや厚着、はちみつやしょうが、たっぷりの栄養と睡眠、など風邪の悪化を防ぐための様々な予防を試みます。

ウィルスが原因の風邪とストレスを単純に比較することは正確ではない部分もありますが、ストレスにさらされた場合もまずは何かしらの初期症状があらわれます。

ストレスを感じるとどんな症状がでますか?

ストレスにさらされることで生じる反応(症状)は、その現れ方により大きく次の3つに分けられます。

感情面」「行動面」「身体面」の3つです。

風邪の初期症状が、人によってまたはその年の流行によって異なるように、ストレス反応も人によってどのような症状であらわられるのかはそれぞれです。

またさらされているストレスの種類などによっても、出てくる症状は異なったりもします。

感情面に現れるストレス反応

ストレスを感じると・・・、

・イライラする

・不安になる

・焦燥感(焦り)が出てくる

・抑うつ感が強まる

・失敗への恐れが大きくなる

・恐怖感が増す

・自己嫌悪に陥る

・ユーモアが無くなる

・無気力になる

行動面に現れるストレス反応

ストレスを感じると・・・、

・お酒の量が増える

・食べ過ぎる

・たばこの量が増える

・ひきこもる

・集中力がなくなる

・喧嘩っ早くなる

身体面に現れるストレス反応

ストレスを感じると・・・、

・頭痛

・胃痛

・吐き気

・めまい

・下痢/便秘

・胃腸の不調

・発汗

・動悸

・震え

いかがでしょうか。

あなたが日頃感じている症状はありましたか。

ブルーミングルームで行っているストレスセルフケア講座やカウンセリングの中で尋ねると、皆さんいろいろな初期症状を教えてくださいます。

ここに挙げた他にも、様々な答えが返ってきます。

どの症状が良い悪いではなく、ポイントは「自分の初期症状を知る」ことです。

もちろん、上に挙げたこれらの症状がすべてストレスからのみ出るものではありません。身体的病気の初期症状の場合もあります。

これらの症状に気付いたらいつからどんな症状が出ているか手帳の片隅にでもメモをしておくと良いと思います。

また、この症状はもしかしたらストレスが原因なのかもしれない・・・、と思うときには悪化を防ぐためにできることを試してみませんか。

社会の中で生活をしていく中で、ストレスをまったく感じないということは、それはそれで問題だと私は思います。

ある程度のストレスは生きていく中で必ずあるもの。

でもそれはあくまでも「ある程度」のストレス。

必要以上のストレスにさらされ続けると、誰でも「感情」「行動」「身体」に影響が出るものです。

もう少し症状が進み、以下にあるような症状の5つ以上が2週間続き、以前の自分とは異なる時は、相当辛い状態だと思います。時間を作って、早めに病院へ受診してみることをお勧めします。

・ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分

・ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退

・著しい体重減少、あるいは体重増加、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加

・ほとんど毎日の不眠または睡眠過多

・ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止

・ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退

・ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感

・思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる

・死についての反復思考(死の恐怖だけではない)、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画

(厚生労働省:みんなのメンタルヘルス総合サイトより http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_depressive.html

ストレス反応が悪化して重篤な症状となってしまうことを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

ストレスにさらされている自分をケアするスキルが身に付くと好評をいただいている「ストレスセルフケア講座」は随時実施しています。

詳細は「ストレスセルフケア講座」のページでご確認ください。

Facebooktwitterpinteresttumblrmail